昨年(2021年)から、我が社もワイヤーソーを始めました👏

新たに出来る施工が増えるとワクワクしますね。
正直おぼつかない手つきで操作をしている感は否めませんが、、、

でも、任せてください!!

削孔時に出る汚水の飛散養生やガラの搬出計画など、
ウォールソーで培ったノウハウがあるので安心してください。
 
 
ウォールソーとワイヤーソーは使用機械が違いますが、おおよその手順は同じです。

■ウォールソー
切断面にレールをセットしモーターを走らせ、
モーターには円盤状のブレードを取り付けて切断する工法です。


■ワイヤーソー
ダイヤモンドチップが埋め込まれたワイヤーを構造物に巻き付け、
ワイヤーを回転させながら引っ張り込み対象物を切断する工法です。


■ワイヤーソーとウォールソーの違い
切断可能範囲と切断面です。

ウォールソーは、
ブレードの大きさで切断出来る深さが決まります。

ワイヤーソーは、
ワイヤーを構造物に巻きつけることさえ出来れば、大抵のものが切断可能になります。
さらに、切断面をウォールソーで切断すると凹凸がなく正確に行えます。
機械の寸法も違うので、現場状況に応じて機械を使い分けることが出来ます。


今年に入り一回も機械を稼働出来ていません😭

工具の点検もバッチリで準備万端です💪👷
お困りの際は、ぜひ一度お声掛けください。

本日も、ご安全に!

工事部 中村
 
 


気になる価格帯については、こちらをご参考になさってください。
※リンク:参考価格

御見積りも随時ご対応致しますので、お気軽にご連絡ください。
※リンク:問合せ