みなさん、こんにちは!
管理部の武村です。

梅雨入りしてから早くも3週間となりますが、例年に比べてそれほど雨が続かず、
そろそろ梅雨明けかな?と夏本番を控え少々不安な私です。

私たちアンカー屋にとって、梅雨の時期や雨の日に特に心配しなければならないのが、
雨天時のケミカルアンカーの施工です。

雨天時でも施工は可能ですが、孔内に雨が溜まっていると強度が出ないため、施工はできません。
工程をずらせない場合などは、雨養生をしていただくなどして、ブロアー等で溜まった水を取り除いて施工します。

●雨養生を実施する
施工に備えて、孔内に溜まった水を除去するためにブロアーなどで水を取り除きます。
これにより、施工時の安定性が確保されます。

●施工延期を検討する
もし可能であれば、天候が安定している日に施工を延期することを検討します。
やはり雨は降っていない方が、施工品質が確保され、問題のリスクを軽減できます。

雨の日のケミカルアンカー施工にご不安や疑問があれば、いつでもご相談ください!
 
———
 
先日、とあるお客様から工事のご依頼をいただきました。

●私
「雨が降りそうですよね。ケミカルアンカーは雨天が厳しいので、
 申し訳ありませんが、施工日をずらしても良いでしょうか?」

●お客様
「そうですね・・・では明日はお天気なので、明日にしましょうか!」

と快く了承してくださいました。本当にありがたかったです!

結局、予定していた日は☔雨予報だったのに、実際は晴れました。
こういうこともあったりするのですが、安全を考慮して、工事を前倒しにすることにしました。

ケミカルアンカーの品質は施工条件に大きく左右されますので、
ご不安がございましたら何なりとお問い合わせください。

PS. 夏を迎える準備は万全です!!